読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘッドライトが激安!

)以前使用していた他社HIDキットでは渋滞中にヒューズが飛びましたが!その辺がどうなのかが心配なのと!車検を本当に通せるかですね。取り付け車種 ミツビシパジェロミニ H17年車型式 TA-H58A 取り付けの時に、現行の固定用スプリングと冷却フィンが干渉し固定不可でした。レンズとの隙間は問題ないのですが、最後にLEDバルブをひねって固定すると、純正バルブを固定する針金と冷却フィンとが干渉して針金が外れてしまい固定出来ない。

コレです!

2017年02月04日 ランキング上位商品↑

ヘッドライトLEDヘッドライト H4 Hi/Lo 車検対応 ファンレス 5500K 4000LM fcl 【1年保証】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

あとは、本体にケーブルを差し込む端子が弱々しい。尚、バッテリーは外さないと取り付けられません。E11ノートに取り付けました。主に幹線道路の運転で!HIにすることがほとんどないので問題なしとしています。 無理なお願いにも対応していただき、注文して商品到着までものすごく早かった事に驚いてます。【取り付け車種】トヨタ ヴィッツ ジュエラ KSP130【デザイン】スマートでキレイ【取り付けやすさ】イグナイター等を必要としないのでとても簡単【明るさ】HIDと比べてもさほど差はない。【明るさ】充分に明るいです。また!送料無料でいうのが!ありがたいです。細やかな目印があると良いです。 28年式デイズルークスに取り付けました。色々検討したが安すぎず高すぎない価格!そしてみんからでの評価が高いことから購入しました。また、防水カバーをある程度カットしないと奥までバルブが挿入できないため、防水カバーのカットも必要。しかしうまく照らされない?何故かというと防水ゴムカバーが干渉して深くバルブが刺さっていないことが原因でした。 明るさは文句無しです。hidと比べたらどうなのかは、わかりません。装着はブーツを切るのがどの位切ってしまっていいのかが判らなく手探りだったので時間かかりましたが!それ以外はポン付けで!ハロゲンバルブ以外の初めての交換でも!簡単でした明るさはHIDまでとはやはり行きませんが!同じ位のケルビン数のハロゲンからしたら明るいてす。特に加工や取り外しもせず簡単取り付けできました❗取り付け時には!ウォッシャータンクの上部とインテークの取り外しをすれば!より多くの作業スペースは確保できます。ポン付けとは行きませんが、ある程度整備できる人であれば取付けできるかと思います。カットの例があればいいなと思いました。E12 NOTE へ取付です今まで装着していたHIDバルブが!片側不点灯に(約1年6ヶ月)なったため!どうせ交換するならLEDでしょ!ということでこちらにしました明るさは!LEDですがしっかりと明るく!見やすさ重視の5500kなので!濡れた路面など以前のHIDバルブ5700ルーメンよりも!見やすくなりました取付は!シェード → 防水カバー → バルブ → 配線なので!HIDを外すよりも簡単でした(笑)取付後!防水カバーと冷却フィンが接触しているので!熱による影響が出ないか(特に夏場)気になりますまた!光軸調整にディーラーへ行きましたが!カットラインが出ていないから車検時には純正バルブにしなければダメと言われ!調整してもらえたかはわかりませんただバルブをはめ込むのではなく!バルブを調整(LED部が垂直)すれば!ある程度カットラインが出るみたいですが!これでいいのか確認していないのでどうなのか。。。現状では!車検対応ではありませんが!明るさ見やすさからすれば!いいバルブではないかと思います取り付けは簡単でした。そこで!スプリングを可能な限り干渉しないところまで曲げてどうにか取り付け出来ました。 【デザイン】シンプルで目立たないので自分は気に入ってます【取り付けやすさ】防水カバーで多少難が有りましたが、取り付け自体は割と簡単にできました【明るさ】車通りの多い道でしか試していませんが、明るいと思います【色】ハロゲンと比べると白いですが、暗い感じはないので良さそうです【視認性】暗い道で試していないのでなんとも... 真正面はかなり明るいと思います【耐久性】今後に期待です【その他】2012年 ダイハツ ミラ DBA-L275S に取り付けミライースに取り付けが可能とFCL様HPに記載があったので、一か八か購入放熱にファンを使っていないこと、HIDのように配線が面倒でないのが決め手説明書に「防水ゴムカバーのシェード側が18mm以上だとカットして」と書いてあったが実際にはそれ以下でもシェードにランプを取り付ける際かなり強い力で押し込まないと取り付け出来ない取り付け出来ても、ヒートシンクの9割を防水ゴムが覆っていたので説明書にある箇所を5mmほど切断して対応切断後は取り付けもできるし、ヒートシンクも半分以上は露出できた取付時の注意点として、しっかりはめようとグイグイ押し込むとシェードを止めているピンが外れてしまいグラグラになりますリフレクタを正面から見るとピンの位置に穴があってピンが止まっているか確認できるので、確認してから乗ったほうが良さそうです接続ケーブルについては、取り付け後に一応シーラントを塗布肝心のカットライン・配光については問題なさそう交換前の位置とほぼ変わらない場所にエルボーと、一番明るいとことが来ていたので車検も大丈夫そう夜道でも前の車のナンバープレートくらいまでが明るいだけで迷惑な配光にもなっていない様子職場の熱画像装置で10分点灯後のヒートシンク黒色部分の温度測定をすると65℃〜74℃程度あとは悪天候時の見え方や経年劣化で判断という感じでしょうか熱による寿命短縮は心配ですが...全体的に満足です平成24年2月登録L455F スバル ルクラ Lスペシャルに取り付けました。【取り付けやすさ】先にアダプタを取り付けて、からの本体取り付けなので、簡単です。取り付けについては!防水ゴムをばっさり切るところで少し戸惑いました。明るさもハロゲンの2倍と書いてある通り、思ったよりも明るく感じます。斜めに傾けたり!角度を変えながらやってもうまく入らず!少しヘッドライトのメッキ部分を削りながら入れる感じです。H17年式のC24セレナに取り付けました。個体差かなと思いましたが左右どちらも接触しながらでした。【耐久性】付けたばかりなので、わかりません。取り付けは可能ですが!防水等の役目をしているゴム製のカバーを切るか取り外したままにしないとそのままでは取り付けが難しいです。取り付け後のクリアランスもOKでした。純正ハロゲンからの変更です。ヴィッツだけなのか!シェードをいれる際にシェードとバルブのケースが接触します。他社製品(フィリップ社製)ではノイズが出ませんでした。(光が青すぎると雨の夜は見えにくいです。【色】青っぽい事もなく満足【視認性】少し狭いかなと思ったが光軸を調整したらそうでもなかった【耐久性】これからが楽しみ。【色】若干黄色があるから、雨でも見やすいほうかも。光量は問題ないです。(溝2つ分短くしました。光量に関しては文句なしです。取付空間余裕があるので本体もう少し長くても良いかと)ロービームでも十分に明るく明るくカットラインもキレイ!雨の夜でもよく見えます。【その他】値段はだいぶこなれてきたと思います。【デザイン】ファンレスで!ホコリなどが舞う心配なし。以上:商品の到着も早く、無事に週末に交換する事ができましたハロゲンバルブからの交換で、HIDと悩みLEDにしてみました。電球色にもっと近い色ができると!良いと思います。取り付けは説明書&YouTubeにある動画を参考にして取り付けを行いました。色味、明るさについては問題ありません。光軸調整は!必ず必要かと。以前も購入したのですが 耐久性も良く いい商品だったので 車乗り換えの為また購入しました 点灯確認しました 納車後 ホンダn-boxに取り付け予定です ご:RZN185サーフへの取り付けを行いました。HIの範囲が純正に比べて少し弱い?感じがします。防水キャップの先端を3ミリ程度カットして所定位置に固定できました。1、防水機能もない位に内径を拡張2、針金の手曲げ修正でやっと固定出来た訳なので、「不適合」と判断します。まず取付けの際に、バルブ固定用のスプリングがフィンに干渉する為、スプリングを曲げて取付け。。ハロゲンとは違い点灯時は白くて綺麗です♪タントLA600SのハロゲンランプをLED化するため購入。もっと!良いコネクターがあるのでは?防水処理が!こちらで行うのがイマイチかと。しっかりと加工しないとヘッドライトに水が入ってしまいます。測定器で測定したわけではありませんが!カットラインは目視で確認できました。夜になり点灯。明るさはHIDまでは明るくないですが全然明るいです。ただ、色んなところで、色々と製品が出ているので、特徴がどうなのかと思います。HID35Wよりは強さがないですが点灯は早く!ハロゲンよりはかなり明るいので満足です。タントエグゼはどうなんでしょうね?「明るさ」はハロゲンよりは明るくなりました。申し分無いです。あとは、本体とアダプターに目印があると、取り付けやすいと思います。ハロゲンよりも明るいです。又、ラジオにノイズが発生し、アルミ箔で配線等を覆いましたがだめです。防水ゴムカバーの加工をし!バルブを挿入したあとに防水ゴムカバーをはめる事(説明書の順序とは逆)で綺麗に照らされました。【その他】豪雪の場所ではどうなのか、今季試してみます。明るさ等はちょうどよくて満足です。普段よく乗る妻も、全然明るいよ👍と言ったました❗今回、fcl.さんを選んで良かったです。順序を逆にしたため放熱フィン部分が防水ゴムカバー内部にあるので!熱がうまく発散されるか否かが分からないのが不安ではありますが!今後見守っていきたいと思います。デイライトの色とハロゲンの色が違いすぎて、こちらを選びました。【視認性】充分です。今後気になる点としては、防水カバーがフィンに接触した状態ですので高温になった時にどうなるのかが少し心配です。しかし、ダストカバーの相性が、車種によって、違うので、取説の通りかと。フィンの位置が5〜6mm後方にあれば良いかと思いました。裏ワザがあったら教えて欲しいです。又、防水ゴムカバーも干渉する。光軸調整は専門工場で見てもらう予定です。加工すれば問題ありませんが。